ワクチンや抗生物質の開発,改良,衛生状態の改善などによって私たちの周囲から赤痢,コレラに代表されるような伝染病は消え去りつつあり,人類が病原体を制圧することも不可能ではないと信じられてきました。しかし,薬剤耐性や新たな病原因子の獲得,抗原変異による免疫回避などさまざまなメカニズムにより病原体の逆襲もおきています。獣医学領域でも、主要な急性細菌,ウイルス感染症はワクチンなどにより予防治療が可能になっていますが,うまくコントロールし得ない感染症も多くあります。地球的規模で考えると家畜の伝染病による経済的被害は膨大な額になり,人類の限られた居住可能空間で最大限の蛋白質(食料)生産を行うためには,感染症のコントロールは最重要課題と考えられます。 当教室では各種動物におけるウイルスおよび細菌による感染症の病態解明とその制圧を目指して研究を行っています。